Academic Alpine Club of
Hokkaido
     
 
AACH本家 全アーカイブ アルバムリスト カレンダー お気に入り 検索
 
 

Home > ホームページ > ホームページ用2007年

タイトル  +   - 
ファイル名  +   - 
日付  +   - 
ポジション  +   - 
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896091.jpg第55回OneDay里山Hike 御岳―大岳山第55回OneDay里山Hike 御岳―大岳山お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896191.jpg第55回OneDay里山Hike 御岳―大岳山第55回OneDay里山Hike 御岳―大岳山お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896414.jpg第56回OneDay里山Hike第56回OneDay里山Hike 武蔵五日市駅周辺の街道筋探勝 小雨の中の散策お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896508.jpg第56回OneDay里山Hike第56回OneDay里山Hike 武蔵五日市駅周辺の街道筋探勝 雨の日も正面は他のグループが占領お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896565.jpg第56回OneDay里山Hike第56回OneDay里山Hike 武蔵五日市駅周辺の街道筋探勝 霧に霞む城山お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896623.jpg第56回OneDay里山Hike第56回OneDay里山Hike 武蔵五日市駅周辺の街道筋探勝 終着駅は月見の宴お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896840.jpg第57回OneDay里山Hike第57回OneDay里山Hike 大霧山-定峰峠 大霧山頂上にてお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1167896917.jpg第57回OneDay里山Hike第57回OneDay里山Hike 大霧山-定峰峠 枯葉を踏んで定峰峠へお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168533645.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行(途中引返し) 安房山へ行こうとしたり、ゲレンデのパウダーを1本滑ったりしていたので、3本目のリフト終点(Co2500m)を出発したのは10:50と遅くなった。天気は雪。気温は-8℃。5分ほど先に、男女の2人パーティが出発。そのパーティとラッセルと交代しつつ、シール登高する。リフト終点から上部も、タンネが切り開かれてスキーコースになっている。北海道・十勝の、リフトのない「国設三段山スキー場」と同じような感じである。Co2150m付近での休憩時に、ゾンデ棒で積雪量を測定したところ、230cmであった。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168533728.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 スキーを履いてのラッセルは、平均すれば膝位であったが、深いところでは腰までもぐった(写真)。こんなにラッセルが深くては、仮に晴天だったとしても、日帰りでは、とても乗鞍岳ピークまでは届かないだろう。悪天候(雪)なので、かえって、(途中引返しの)あきらめがついた。男女の2人パーティの方は、我々より先に、引返して下山したようだ。 お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168533776.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 タンネの背丈も低くなってきて風が当たり出した。また、ラッセルが深いわりには緩い傾斜がしばらく続きそうなので、もう少し頑張って歩いても、それに見合う下りのスキーが期待できそうもない。そこで、Co2270m付近で引返すことにする。気温は-10℃で、あいかららず雪が降り続いている。写真は、テルモスの熱いお茶を飲む私(山森)。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168533852.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 清原家では、筑摩地方に伝わる「こおりもち」を、行動食として差し入れしていただいた。これは、つきたての餅を水につけて、2〜3ヶ月間、冬の軒先につるして乾燥させてつくる保存食だそうだ。写真は、熱いお茶を飲みながら「こおりもち」をほおばる石橋兄。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168533923.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 シールを外して、兼用靴を滑降モードにして、スキーゴーグルを着用して、いざ出発。「深雪パウダーをいただき!」と、意気込んで、真っ先に飛び出してみたものの、雪が深く傾斜が緩いので、直滑降でも滑らない。結局、傾斜が緩いところでは、登りのトレースを直滑降で滑るしかない。しかし、傾斜があるところでは、各自、思い思いにターンを刻んだ。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168534081.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行石橋兄は、優雅にテレマークターン。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168534167.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 清原ババアは、華麗にパラレルターン小回り(ショートターン)。 お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168534180.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 私(山森)も、なんとかパラレルターン小回り(ショートターン)のつもり。 お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1168534540.jpg北アルプス・乗鞍岳スキー山行 お決まりの温泉は、スキー場近くの「湯けむり館」。日帰り入浴700円。露天風呂もあって、なかなか良い雰囲気だった。帰りも山形村の清原実家に立ち寄り、野沢菜や餅など、清原家で収穫した作物をおみやげにもらって、中央道で帰宅。一般道で雪道を来た往路がウソのように、復路は渋滞もなく、高速で、あっと言う間に東京に着いた。 お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1169190928.jpg冬メイン中部日高・1839峰C2出発の朝。主稜線が見渡せる。奥に見えるはペテガリ。朝焼け燃ゆるペテガリだ!お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1169191035.jpg冬メイン中部日高・1839峰シビチャリ手前から。奥に単独峰のように屹立するのが1839峰お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1169191250.jpg冬メイン中部日高・1839峰C3を出発。主稜線が見渡せる。ペテガリも見えた。朝焼け燃ゆるペテガリだ!お気に入りに追加

ファイル数 433 / 22ページ中 1

RSS feed
 
 
北大山岳部・山の会 © 2000-2010 記事・写真の無断転載を禁じます。
Academic Alpine Club of Hokkaido © 2000-2010 All rights reserved. No reproduction or reproduction without written permission.
Avalanche style by What Is Real © 2004
Converted by DaMysterious © 2006